海藻 (ネイチャーウォッチングガイドブック)
アマゾンは、アメリカのワシントン州シアトルに本拠を構える通販サイトです。本から始まり、現在は身の回りの物はほとんど揃うまで、取扱商品も多岐多様になっています。検索力が強いのが、特徴ですね。
こちらは別のサイトで、町の本屋さんみたいな雑誌のオンライン書店。 最新号、バックナンバー、定期購読、パソコンで読むデジタル雑誌まで。定期購読なら多くの雑誌が送料無料。割引価格雑誌も多く、最大70%OFFも。

       海藻と海草

海藻の本
自動車を売るなら
中古車探すなら
ガリバーに頼む
海藻と海草は読み方が同じなので、混乱しやすいのではないでしょうか。私も最近までごっちゃになっていて、特別気にかけることもありませんでした。一般的に私たちが口にしているのは海藻の方です。海藻は私達が一般に食べるワカメ、昆布、海苔などのほうで、海草はほとんど食べることはできません。しかし、ジュゴンが海草を食べるのは有名ですね。あっ、ジュゴンが食べているからといって、真似をして海草を食べないでくださいね。お腹をこわすぐらいならまだいいほうで、死亡することもありますよ。

海藻と海草の違い

海藻と海草では同じなのか別なのか、一度は疑問に思ったことがあると思います。海藻と海草が大きく違うのは、繁殖が胞子によっているのか、あるいは花を咲かせ種子によっているかが挙げられます。

海藻とは

海藻とは海中にはえる藻類を指し、花は咲かず、胞子によって子孫を増やします。多くは食用とされます。海藻は波あたりの強い、岩礁海岸に多く生育します。藻類の海藻は、根・茎・葉の区別がなく、一部のものにはそれらしい分化が見られますが、はっきりと異なるのは根の構造です。海藻の根は栄養吸収のための装置ではなく、岩に固着するためのものです。海藻の大部分は岩の上のみに生え、砂泥底にはほとんど生えません。緑藻類や褐藻類、紅藻類の名前は色の違いによってわけられます。 太陽の光が届く量に左右され、浅瀬になるほど地上の植物に近い色つまり緑色になり、深くなるにつれ褐色そして紅色と変化します。
  緑藻類:アオサ、アオノリ 褐藻類:コンブ、ワカメ、ヒジキ、モズク 紅藻類:アサクサノリ、テングサ
一般に食用されているのは海藻です。昆布やワカメ、ひじきなど日本の食卓に欠かせない海藻が数多くあります。健康のためにも、海藻を毎日食べ続けることが大切でしょう。海藻は繊維質も豊富ですので、女性には欠かせません。

海草とは

海草とは、花を咲かせ種子を作って繁殖します。藻類である海藻とは漢字が違います。「かいそう」と読むと藻類の海藻と区別しにくいので「うみくさ」とも呼ばれます。北海道沿岸では、スガモやアマモなどの海草が知られています。 また、琉球列島ではマツバウミジグサ・リュウキュウスガモ・ボウアマモ・ウミショウブなど、たくさんの海草がさまざまな場所に見られます。海草はほとんど、食用にされることはありません。スガモやアマモなどに、一部食べられる海草もあります。ジュゴンや白鳥がアマモなどの海草を食べるのは有名ですね。オゴノリなどの海草には気をつけましょう。生で食べると中毒を起こすことがあり、死亡することもあるようです。不確実な海草は食べないようにした方がいいでしょう。食べてもおいしくないものがほとんどのようです。海草と呼ばれるのは、海産の沈水生種子植物です。すべて単子葉植物です。海草は種子植物なので、根、茎、葉の区別があります。海草の茎は地下茎として横に這うものが多く、葉を水中にのばし、海草の根は泥の中に広がります。従って、大部分の海草は砂泥底の区域に生育します。日本の本州周辺で見られる海草は、おもにアマモ類で、普通のアマモと小型のコアマモがよく見られ、いずれも細長い葉をしています。海草は波の当たらない内湾や干潟のような環境に生育します。ただし、北方系のスガモやエビアマモは海草としては例外的に外洋の岩礁海岸に成育します。
アオサ  アーサ  アオノリ  コンブ  ワカメ  メカブ  ヒジキ  モズク  アサクサノリ  テングサ  ノリ      
[ ワカメのレシピ ]
海藻は日本人の食卓に欠かせない食材です。昆布、ワカメ、のりなど日本食の必需品ですね。海草はほとんど、食用にされません。スガモやアマモなどの中で、ごく一部食べられる海草もありますが食べない方が賢明です。海草は原則として食べないようにしましょう。言葉間違いで海草と表記してある商品ならいいのですが、本当に海草でしたら問題です。
お勧めのホームページです。海藻の代表的な昆布とひじきが詳しくわかります。一度訪問してみましょう。
      昆布講康    ひじき講康 
 相互リンクサイト   「海藻と海草」は相互リンク募集中です   メール
海藻と海草のTOPへ
海藻と海草のサイトでは、海草や海藻について解説しています。
「海藻と海草」のサイトはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。免責事項 プライバシーポリシー
アイデア商品は便利ですね。見るだけでも楽しいものです。 暇つぶしにどうぞ
招き猫あれやこれや かわいいその姿も魅力的ですね。アマゾン(amazon)で販売(通販)しています。